関取花さんのCD「朝」を購入してみた感想

昔から好きでよく聴くミュージシャンはほとんど変わらず、自分と同年代かもしくは年上に惹かれる傾向があります。流行りの音楽にはまるで疎いし、若い歌手の歌は自分の胸にはこれまであまり響かなかったのですが、そんな私が久々にハマったのが関取花さんです。
ラジオで初めてその歌声を聴いた時には衝撃でした。女性の声はどうしてもキンキンして頭が痛くなってくるのであまり聴かないのですが、関取さんの高音なのに落ち着いた声にはすっかり魅了されてしまいました。
ニューシングル「朝」は本当に爽やかで、最近では毎朝聴くのが私の日課になっています。いい一日になりそうな気がして素敵です。自分より一回りも年下の女性でも、こんな世界観を持った立派な人がいるのだなぁという驚きがありますね。
2曲目に入っている「めんどくさいのうた」もまた「朝」とは全然違う雰囲気で大好きです。知らなくていいことを知ってしまったやりきれなさはよく分かるし、世の中がもっと単純ならいいのにと思うこともありますよね。巻き舌も素晴らしく上手で、何度もリピートしたくなる名曲でした。http://www.pernellrobertsaroundtheworld.com/musee-douhansha/