子ども会の祭りでキャンプに行ってきた要素

自治会の幼児会の出来事でキャンプに行ってきた。小学1年生から小学6年生まで約30自身というその保護者で言ってきた。要素は、埼玉県内状況がわストリートにおける木のむらキャンプロケーションであった。公会堂に集合して、保護者の自家用車にのぼり合って移動した。退職時間は約90パイだった。フィールドに到着したら、キャンプロケーションの敷地内に川が流れていて、子供たちが遊んでいた。入村順番を通して、直ぐにバンガローに小包を置いてきた。ちょっと細長いかなと思ったが、全く綺麗な住居で良かった。子供たちは、スイムスーツに着替えて水遊びを始めた。保護者は、食事を作るスタッフと子供たちの手数を見分けるスタッフにわかれた。わたしは子供たちの手数を見極めるスタッフになった。川の間隔も緩やかで、深さも浅く、安心して遊ばせられた。子供たちは、かにや虫をとって遊んでいた。夕飯の時間になったら、カレーをみんなで食べた。女子のうちで作っている野菜を渡したのだが、手広く譲り渡しすぎてしまったようで余ってしまった。夜はキャンプファイヤーや花火を通して楽しんだ。