「動物病院での医療ミス認定」家族同然のペット社会。今後の課題は?

ペットは家族同然。よく聞くワードですよね。
我が家でもペット(犬)を飼っているので、同感できます。
数日前ですが、ペットにまつわる時代を象徴するようなニュースを耳にしました。
可愛いがっていた「うさぎ」が医療ミスにより死亡。飼い主が病院を訴えたニュースです。
人間の世界では珍しくない事です。あってはならない事ですが、よくあるニュースです。
ですが、これが動物病院にまで波及してくるとは・・私にとっては興味がある話題です。
動物病院は、治療やお金の面では非常に曖昧な部分が多いです。
病院の数が少ないのもありますが、納得する治療がされていなかったり、金額が高額であったり・・不満に思う飼い主も多いはずです。
今回の判決は、病院側に落ち度があったようで、飼い主へ40万円程が支払われたようです。
40万が多いか少ないかは分かりませんが、今回の事例が少しでも動物病院の意識改革や医療の発展の役にたって欲しいと願わずにはいられません。
ペット保険の需要もだいぶ伸びているようです。人間同様、動物の世界にも高度医療や専門病院、設備投資が求められる時代になってきました。
飼い主の”不満”や”不安”が少しでも解消される動物医療をめざして欲しいと思います。